アトピー性皮膚炎で悩む人は多いものです。子供の頃から酷かったという人が多いですが、大人になってから発症したという人も多いです。

きっかけや原因は様々であり、お天気、気圧の変化、虫歯の詰め物をしてからという人や、蕁麻疹が出来てからという人、女性では生理前の黄体期になると必ず酷くなるという方など色々です。

結局、ステロイドや抗アレルギー薬で様子を見る事になります。そして、大体の人が長期戦になり、症状の強弱と上手に付き合いながらという事になると思います。

アトピーの方は敏感な体質な方が多い事は確かです。そして、蕎麦アレルギーだったりアレルギー性鼻炎などアレルギー疾患を持っている人が多い事も特徴です。

生活環境をよりお身体に負担が掛からない最善の工夫も必要です。

様々な自然療法なども良いとされ、お風呂から泡が出たり水質を変える様な機械ですとか、自然食品ですとかも多い様です。

そんな中で果たしてアトピーは「鍼灸ではどうなのか」という事ですが、当施設でも経験が多数ございます。その中で当施設でのアトピーの施術方法と

アトピーの方の体質の特徴等感じた事などを書いていこうと思います。

鍼灸でのアトピーに対しての施術は東洋医学的な施術

東洋医学は体質の向上を目的とするものなのでアトピー性皮膚炎はまさしく「体質的」な要素が多く、取り組むメリットは高いと思います。

しかし、病院でさえ、長期戦になるものであり、当然、鍼灸でも長期戦になる心構えが必要です。当施設では経絡の流れを整え体質をより良い方向に導くという施術になります。

東洋医学的には「内臓の熱」が原因

東洋医学では発赤は「熱」と判断します。アトピーは皮膚の表面が赤く腫れて痒みが酷い状態なので「熱」に当たります。

さて、何処の熱なのかという事になりますが、一番多い原因は腎や肝などの体内の清熱の働きを行う臓が虚と言って働きが

弱まる事が一番多い原因の様です。アトピーの方自身はこの辺りのツボがとても強く凹んでいる方が多く、本人は全く

気が付いて居りません。当施設では鍼灸による施術を続けていると症状の緩解と共に

この凹みが無くなって平らに盛り上がって来るのを複数の患者さんにて

確認して居ります。そして東洋医学では皮膚の表面は「肺」と「大腸」の主りですが、清熱を欠いた状態は腸にも熱を籠らせます。

便秘や下痢を繰り返す方も多く、東洋医学的には小腸や大腸などの腸内環境があまり良くない事も特徴です。

西洋医学的にもアトピーは副腎という腎臓の上に位置する臓器の働きが直接的に深く関係します。副腎はストレスなどの時にストレスを和らげるコルチゾールという副腎皮質ホルモンが放出されます。

要するにこの辺りの働きが弱いからステロイドで補う訳です。

東洋医学で言う「腎」は腎臓と副腎を合わせて「腎」の働きと診ます。中でも鍼灸はこの「腎」の働きを高めるには最適です。

また、東洋医学では「肝腎同源」という言葉があり、肝と腎は共に滋陰清熱という熱を冷ます役割があるという事です。

しかし、

また、慢性疾患で長引くものは同時に於血が要因になって居る事もあります。

これらを鍼灸を続けて緩解させていくという事になります。症状の緩解の為に必要な事は症状の強弱や個人差が大いに関係はするものの

長期戦の覚悟を持って頂く事のみです。回数は本当は多ければ多い程良いのですが、最初は週1回は絶対に必要です。緩解と共に少し空けて行きますが、長くとも2週間以上は空けない様にします。

あくまで「体質の改善」という事ですのできちんと行う人は早く緩解します。そして必ず気圧の変化やいつもと違う環境になるとアトピーの方は悪化しますのでその様な時には定期的に通っている他にお越し頂く必要があります。

風邪などをひくと一時的に悪化する様です。しかし、それが要因でどんどん悪化する事は無く、

兎に角、定期的に続けて頂ければ、必ず緩解して行くという事です。やはり3年位は覚悟が必要です。しかし、短期的に考えるのではなく、3年後、少しでも今より軽くなっている事を考えれば

続ける価値はあります。それに半年位で「塗り薬の減り方が少なくなった」と必ずわかる筈です。そして、緩解と共に何となく皮膚の色が「あれっ?私の皮膚こんなに白くて艶があったっけ?」と気が付く事が増えて来るのです。

そうなって来るとしめたものです!鍼灸によるアプローチをブレンドする事で功を成した結果です。

仙台近郊やそれ以外の方へ

アトピーに悩んでいる人が居りましたら当施設で鍼灸をプラスしてみる事もお勧めします。