五十肩で悩む人は多いです。当施設でも今まで多くの方を施術して参りました。そして、施術の結果、完全に痛みや動作の制限が全く無くなり快方に向かわれた方も当施設では多く居らっしゃいます。

中には手術が必要な方も居りましたが、大体の方はそこまで重症な方は少なく、鍼灸で対応できるレベルの方がとても多いです。手術が必要な方は「腱板断裂」や「石灰沈着性腱板炎」などです。これらは昔は五十肩の分類でしたが現在はこれらは

五十肩には含まれておりません。

ところで、五十肩の名前の由来は、50代以降に多い為に「五十肩」と言われております。よく「四十肩」と言うのも聞いた事あると思います。

四十肩と五十肩は違うと思って居る人も多いと思います。しかし、どちらも一緒です。何も違いはありません。敢えて言うならば

40代半ば位から「五十肩」が少しずつ増えて参ります。きっとそれが名前の由来なのではないかと思います。なので「四十肩」でも「五十肩」でも通じますので心配ありません。

正式名称は「肩関節周囲炎」と呼びます。

五十肩はきっかけは様々です。肩を引き伸ばしたり、

①上の棚の鍋を取ろうとしてからくじいた。それから痛みが徐々にひどくなって来たとか、

②水泳を一生懸命長年趣味でやっていたが、ある時急に痛くなり徐々に発症した。

③茶の間で横になって居たら妻や夫に間違って踏まれてしまってから痛い

など様々です。

原因は一言で言うと「老化」と「運動不足」です。しかし、運動を一生懸命やっている人でも

周りの筋肉が弱っており、発症する事も多く、筋肉自体は鍛えていたが、その他、関節などの老化により

起こる事があります。なので起こってしまったら「肩関節を労われという事なんだな」と思って

下さい。そしてじっくりと腰を据えて回復に向けた施術や体操を続けて行くと

必ず緩解します。なので、慌てずにしっかりと向き合って欲しいと思います。

よく、五十肩は、「初期」、「炎症期」「回復期」の3段階で考えられます。初期の段階ですと痛みが我慢できたり、そんなに深刻に考えません。この段階で幸いにも治ってしまう方も結構居ります。

しかし、炎症期に入りますと、夜間痛や動かすのがとても痛くなり、痛くて夜も眠れない程です。そして「回復期」ですが、この時期に治ろうとしてどんどん人の筋肉は硬くなります。

これを「拘縮」と言います。回復期は「拘縮期」とも言います。なので現在整形外科ではもう「五十肩」と診断が出た時点でガンガン動かす様に指導します。それは拘縮を防ぐ意味から行なわれます。

仙台近郊やそれ以外の方へ

当施設では鍼、お灸、刺絡で直接痛い場所にアプローチします。そして、キネシオテープで固定や補強を行い日常生活での苦痛を緩和します。場合によってはそれぞれに合うサポーターを取り寄せ装着を勧めます。

これらの施術の中で鍼は患部に刺すと脳から「鎮痛物質」が出る身体の生理学機序を大いに活用した施術法です。

鍼灸を取り入れると五十肩はかなり楽に回復期まで過ごす事が出来ます。また、回復を早めます。通常「痛くて曲げられない」所が「痛いけれど気にならくて、曲げられる」という状態を作る事が出来ます。

五十肩の方は是非当施設までご相談ください。