いつもお腹が冷たくて悩んで居る人は多い。その様な時に皆様ならどうするだろうか?

この様な症状は病院では相手にしてくれないことが多いのではないだろうか?その様な時に皆様ならどうするであろうか?

確かに命に係わる事ではない。それに快適とは言わないが何とか我慢すれば仕事にも行けるであろうし、勉強もできるであろうし、

日常生活には問題が無いレベルと見なされるので「ホッカイロでも貼って温めてて」などと言われて終わりだと思います。

現代医学は日常生活に問題が無いかどうかと命の危険が無いかが一番の問題となります。確かにそれは大切な事だと思います。

しかし、日常生活や命の危険が無い場合でも不調の続く事が多くあります。それを解決したい人が沢山居ります。

当施設ではお腹が冷たいものをどう診るのか

そしてこのお腹が冷たい事は何かしらの病気や不調を示す重要なサインと受け止めます。必ず悪い箇所があるものです。

手足が冷たい場合も東洋医学では診断の指標となりますが、お腹が冷たい場合はもっと重症です。それに大体お腹が冷たいのと

お腹が硬い人が多く見受けられます。これはかなり良く無いです。手足が冷たいのは外気に触れて冷たい事も多いのですが

お腹が冷たい場合、いつも衣服に覆われて冷たく硬い訳です。これが大問題なのです。

しかし、お腹に冷えがある場合には

何かしらの不調があるから冷たい訳です。

この様な時に当施設では「どこの経絡が弱いのか」を脈を診て手足の主要のツボを左右比較して適応側を決め1穴1穴慎重に取り組んでいきます。

そうするとどんなに重症なお腹の冷たかった人でもまるで氷が解けた様に暖かくなっていくのが分かります。そして日に日に回数を重ねる毎に

お腹全体が冷たかったものが本当に悪いスポットのみ小さく冷たい箇所が明確になって来ます。そうなって来ると占めたものなのです。

不思議ですよね!僅か1穴2穴ツボを取って鍼を行うだけで

この様な好転が診られるのです。本当に驚きですよね!これはただ単にツボにハリをしたから好転するのではありません。きちんと反応のある生きたツボを選ばないと

好転はしないのです。なので何処でもよいからツボに指をあててもまるで変る事はありません。

ホットパックは良いですか?

お腹をホットパック等で温める事は勿論良い事ですし当施設でも家でホットパックで温めて貰う様に指導したりそのために当施設で業務用の良く温まる

ホットパックを購入して頂く事も有ります。しかし、局部を温めるだけならだれでもできます。そしてとっくの昔に解決して居るのではないでしょうか?

それで良くならないから悩んでいるのではないでしょうか?この辺りをよく認識する事です。なので当施設では

あくまで当施設の東洋医学的な診断に基づいて定期的な施術を行ったうえでやるから良い訳であって

ただ局部を温めて居ては原因に対して何も手を打って居無い事になるのです。また、お腹の冷えでも症状や悪い箇所の違いにより温める部位が変わって来ます。

身体全体を整える?経絡?刺さない鍼?本当?この様な考えの方が鍼に対する考え方がただ刺す道具から全身の気を動かす道具に気が付く瞬間です。

鍼灸師でもこの様な気を巡らせるという概念と出会える人は限られた人たちなのかなと思います。それは実体験が無いと難しいものです。私も鍼灸師になるきっかけがこれでしたので

出来るだけ多くの方の症状を回復して良い体験をして貰うように努めて居ります。しかし、なかなか難しい症例が殆どでなかなか回復には時間が掛かる病気が多いのが実情で

挫けそうになったり諦めそうになる事も有ります。しかし、それでも勉強を続け研究を続けてよく患部を体表を観察して行くとある時から急に好転し始めるものです。

その時に「本当にやって居て良かった」と患者様も思うのではないかと思います。私も同じくその時は嬉しいです。そんな心構えを大切に日々の病気の施術に取り組んで居ります。

仙台近郊やそれ以外の方へ

お腹が冷たいというほかに諦めて居た症状で悩んでいる人は多いとおもいます。

この様に病院では異常が無いけれど不快な症状が抜けない方は土田はり灸院までお気軽にご相談ください。

当施設の鍼は様々な疾患に対応できる優しい鍼です。是非一度お試し下さい。