不妊症の中でも、精子の数も卵子の数も問題が無く

出産出来ても良い条件なのになかなか授からないケースもあります。逆に、なかなか難しい条件にもかかわらず、無事、ご出産するケースもあります。

また、鍼灸によって授かりご出産の嬉しい方向に無事向かい、成就された方も多数いらっしゃます。

中には、条件が難しいにもかかわらず、鍼灸を交え出産された方も居ります。

有難い事に、当施設でも新しい生命の誕生に貢献させて頂いて居ります。

不妊症を快方に向かわせるために、それぞれの鍼灸院で様々な方法によって行われております。

それはお身体の状態を少しでも授かる最適な状態にして行く事です。出産は当然、病気ではありません。より、天の身体の求める自然の動きに従う必要があります。

当施設では「脈診」により五臓六腑を整えて行きます。木、火、土、金、水、肝、心、脾、肺、腎とありますが、

これ等を整えてゆく施術です。これは1例で全てではありませんが、私の所属していた流派で超ベテランの会長がおっしゃっていた事は、

妊娠の初期は「肝虚」が多く、脾虚→肺虚そして最後は「腎虚」となり妊娠するなどともおっしゃっておりました。当施設でも経験上これに当てはまる事も結構多かった印象です。しかし、全員体質が違ければ

日によって証も違います。なので「決めつけ」は絶対にいけないのです。

この様に、経絡による施術では不妊を快方に向かわせる施術の内容を詳しく学ぶことが多く、患者様も多い実態です。はたして「どれ位、好転するのか。結果や反応が出るのか」と言うとこればかりは個人差があり

一概には言えませんが、状態を整えて行くという事が理会出来れば継続しやすいと思います。そしてその安心感から更に妊娠がしやすくもなるのです。理由は自律神経や精神的な状態は女性ホルモンの分泌と密接に関係があるからで御座います。

出来るだけゆったりしたおおらかな気持ちで妊娠を迎える事が良いのです。

出来れば、病院と並行して行う事です。確かに鍼灸のみで授かったケースもありますが、より確実さを狙うためには、病院には頼りたくないなどの拘りが無ければ病院の薬と並行して行う事がベストです。

病院だけで何年も授からなかった方が鍼灸を交えて行った結果、半年で妊娠したという例も当施設ではあります。また、40代後半の旦那様と30代後半の奥様のケースですと結婚10年目にして初めて授かったという事もありました。

この夫婦は首凝りや美容鍼、腰痛、むくみ等でお越し頂いて居た訳ですが、当施設では必ず脈を整える施術を行うのでその結果だったのではないかと思われます。勿論、この夫婦は不妊症外来には行って居りません。当施設の鍼のみです。

尚、不妊症の方は妊娠するまでは、案外、タイミングが合えば行きつけるものなのですが、直ぐに流産しやすいという特性もあります。この点が一番難しい所なのです。ここをどうやってご出産までに持って行けるかが大切なポイントとなります。

また、妊娠中でも安産の為とおなかの赤ちゃんの為にもご出産まで鍼灸で整える様にした方が良いので、アドバイスして実行して貰っております。また、不妊を快方に向かわせる場合でも安産目的の場合でもお灸を行う事で快方に近づける良いツボがあるので
ご自宅でもせっせお灸を据えて頂く様にアドバイスをして居ります。

尚、逆子も当施設では多数実績があり、30週~33週位で通常、3~4回程、施術をすると元に戻ります。その様なツボがあります。また、同じツボでも左右働きが違うので、

ご自分でご自宅でお灸をやって貰う時もその辺りはアドバイスさせて頂いております。そこのツボを使うとおなかの赤ちゃんが直ぐに動きます。また、そのツボで動かない時には、別のツボもあるのです。

しかし、38週や39週位になるとお腹の赤ちゃんが大きくなり過ぎて動くけれど回らないという事態が生じますので、あまり大きくなってしまうと間に合わないので早めに相談した方が良いと思います。

仙台近郊やそれ以外の方へ

妊娠は病気ではありません。だからこそ鍼灸やツボが尚良いのです。また不妊症に於いては体温が低かったり下半身の冷えがある方が圧倒的に多く、それらを脈診によって整えて行くのです。

ツボや経絡が妊娠に良い事はあまり知られては居りませんが、知っている方は知って居ります。そして上手く取り入れて成功している方も沢山いらっしゃいます。

不妊に悩む方や妊婦の方、逆子で悩んでいる方には出来るだけ多くの方にご自分に合った鍼灸を取り入れて行って行って欲しいと思って居ります。

当施設でも不妊症と安産のための施術、逆子の施術を行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい.

また、お近くで、お知り合いで不妊や逆子に悩んでいる方や安産のために良き対策があればやってみたいという方が居れば鍼灸を是非教えてあげて下さい。