当施設では婦人科系の不調に悩む方が多くいらっしゃいます。中でも多いものが「下腹部の冷え」です。刺さない様な鍼で2~3本行うだけで冷たく硬かった

下腹部が緩み温まって来るのが患者様がこの瞬時の変化に感動して居ります。いままで他の鍼灸院に何件も行ってましたがこんな経験したのは初めてですと

皆様がおっしゃるとはどの様な事でしょうか?

はっきり言ってこれはカイロや湯たんぽで下腹部を温めたからと言って解決するものではありません。これは患者様が身を持って分かって居る事です。

また、下腹部が冷たいからと下腹部に深々と鍼を刺したり、婦人科系に良いツボと言う所に鍼を刺し置鍼して置いたところで何も変わりません。

むしろお腹がどんどん冷えて来る事も患者様本人が身をもって知って居る事です。むしろこちら側から優しい鍼で

気を経絡を積極的に動かして行く方でなくては良くなりません。その事を知らない鍼灸師も多く、また一般の方でも鍼灸と言うと全て同じと思って居る方がとても多いです。

しかし、やり方が変われば結果も

変わります。鍼灸は肩こり腰痛だけではないのです。その延長線上で考えて居る鍼灸師には絶対にこの様な不定愁訴は良く出来る筈がありません。鍼灸院は全て同じではないのです。

相性以外にこの様な鍼灸師のスキルやレベルも有る事をご存知でしたか?

もし、この様な症状で悩んで居る方が居りましたら是非ご相談いただきたいと思います。

なので、今、別の鍼灸院に通って居るけれど効果が今ひとつわからないという方もご相談下さい。

あとは「気分の抑うつ」です。婦人科系はホルモンバランスと血の動きが大きく関係します。その結果、気を主力とします気分などが強く影響を受けます。

また、婦人科系は第六感的にもとても敏感で霊的能力的な意味合いでもとても心や相手に与える気持ちに関係します。その様な意味合いから婦人科系は大事にしないと

心の風邪、心の怪我にも大きく影響を与えてしまうのです。なので、「治したい」と言うものとは違う事も女性の方々は心から良く知って居ります。

また、ベストな状態に保つには薬を飲めばよいという事とも違う事も女性の方々は良く知って居るのです。じゃあどうするのか?と言う時です。

是非経絡で気を整えて行きましょう!なので経絡で整え身体の不定愁訴を気を整える様な鍼灸を、マッサージや整体、

肩こり腰痛に対する鍼とは別に考えて分けて考える必要があります。

因みに婦人科系は腎経、肝経脾経などが深く関与しますが、その他が関係無いかと言えばそんな事は決してありません。

全てが関係するのです。その事を脈診で拝見して行きます。

仙台近郊やそれ以外の方へ

婦人科系に限らず不定愁訴に悩む方「なんとなく調子が悪い」と言う方がたくさんいらっしゃると思います。

少しずつ鍼を続ける事で下腹部全体が冷たかったのがその冷たい原因のポイントが分かって来ます。周りが温かくなって行き、回復する事によって冷たい箇所が小さくくぼんで

小さいポイントが分かって来るのです。今他の鍼灸院に通って居るけれどなかなか改善していないという方が居られましたら間違った鍼灸を行って居る可能性があります。

その様な懸念のある方は是非一度当施設迄ご相談ください!お電話お待ちしてます!