皆さんこんにちは!子供や乳幼児に行える鍼をご存知でしたか?発育促進や虚弱体質、未熟児にとても良いものです。当施設では小児鍼を専門には行って居りませんが、

私の知り得る知識と専門に行って居る素晴らしい小児鍼専門の先生の鍼灸院を今回ご紹介出来たらと思います。宜しくお願いします。

小児に鍼は行えるか?小児鍼が昔から存在し現在も健在。

子供に行う鍼を小児鍼と言います。小児鍼は子供の夜泣きやおねしょ、疳の虫などに特に有効です。

その他、お腹を壊しやすい、虚弱体質や風邪を引きやすい、発育不良などにも有効です。

wiki参照→小児鍼https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%85%90%E3%81%AF%E3%82%8A

またWHO世界保健機関の鍼灸の有効性を示す表記に於いても小児鍼の有効性が示されて居ります→参照wiki「鍼灸」脚注注釈11行目参照https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%BC%E7%81%B8

西日本、特に四国を中心に歴史や伝統がある

小児鍼は西日本の特に四国が歴史と伝統があり盛んと言われて居ります。

その昔、お医者様がなかなか存在しなかった時代、医療薬が発達していなかった時代に民間療法として発達したものと思われます。

小児鍼にもさまざまな流派も存在する。

小児鍼には様々な流派も存在します。そして現在でも様々なスタイルの小児鍼が存在します。

小児鍼を行う道具は先の尖って居無い鍼を用いる事が殆ど

小児鍼は怖さを与えてはいけません。そして、私が以前に習った時は「光った部分を見せると小児は怖がるから見せないで行う」などその流派流派先生方で色々

工夫されて居る様です。そして、ローラー鍼やほうきの様な形をしたホーキ鍼、集毛鍼、そしてお魚さんや動物さんのかわいい形やイラストの描いてあるようなヘラの様な形の鍼も存在します。

また、最近では鍼のメーカーのセイリンではディスポーザブルのプラスチック樹脂で出来て居る、まるで坐薬の様なロケット型の小児鍼も生産して居ります。

小児のお灸「ちり毛の灸」も存在する。

ちり毛の灸と言ってか細いもぐさの繊維を数ミリ小さく小児の身柱穴(T3,T4胸椎の間)にお灸を据えます。

子供にしつけの意味でお灸を据えるのはかつて存在した民間療法である一つのお灸文化の表れか?

そうですね。近年はお灸を行う家々は皆無に等しくなりましたからね。

かつてはやいとを据えるとかお灸を据えるという言葉が存在しました。現在でも「お灸を据える」はたまに使用する言葉かもしれませんけど元々は子供の躾に由来する言葉だそうですね。お灸は「やいと」とか「えつ」と呼ばれる地域があります。やはり、四国を中心とした西日本の地域です。なのでお灸を専門に行う施術所を「灸院」と呼びますが、「やいと院」や「えつ院」と言う呼称もあはき師法では認められて居ります。

小児鍼の盛んな四国では小児に行うお灸も盛んだったのでしょう!子供と躾から生まれた「お灸を据える」と言う言葉はもしかすると、小児灸の盛んだった四国などの西日本から生まれた言葉なのかもしれないですね!

小児鍼は一般に何歳位までを言うのか?

一般的に生まれた時から鍼はもう行えるのをご存知でしたか?早ければ早いほど良く、一般に小学2年生位まで行う事が一般的と言われて居ります。

お世話になった脈診流の先生が所属して居たスキンタッチ会

脈診流の先生方には小児鍼がとても得意で上手な先生方が沢山居られます。その理由としては経絡を中心に考える点と接触鍼がメインだから手さばきが通じるものがあるからです。

なので「小児鍼」にも力を入れられて居る先生が相多くいらっしゃいます。その中でも私が大変尊敬して居り

慕って居る高見先生は渋谷で開業され、現在は永福と2院をお持ちの先生です。そして脈診に対しては物凄く厳しい先生です。

そして小児鍼にもかなり力を入れて居られる先生です。脈診流のやり方で小児鍼を行われて居ります。

そして色々な先生や学生に対して指導をされて居る先生です。HP参照→http://shibuyahari.com/

そしてその時に「スキンタッチ会」

という小児鍼専門の団体を知りました。小児鍼に力を入れる鍼灸師の先生方が集まり

一般の親子向けにアレンジした活動を行って居るのです。別名「小児のツボ健康法の会」です。

「スキンタッチ会」は小児鍼を専門に学んだ先生方で構成されて居る一般のお母さ小さな子供を持つお母さま向けに家にある道具を使って小児鍼を楽しく伝える団体

「スキンタッチ会」とは家にあるドライヤーやスプーン、歯ブラシ等を使用して経絡やツボを利用して小児の健康と成長に役立てようと小さなお子様を持つお母さまを中心に

講習会を繰り広げ全国展開して居る団体です。

プロの鍼灸師、しかも「小児鍼」のスペシャリスト達が一般の小さな子を持つお母さま向けに向けに指導するというのだからこれは相当の価値があるものです。

乾布摩擦に代わる新しいソフトで優しい健康法

乾布摩擦は小児の風邪予防や健康増進のために現在も数多く行われて居る小児健康法です。また、保育園や幼稚園などの児童施設などでも盛んにおこなわれて居ると聞きます。

しかし、難点があり、現在存在する殆どのタオルは「ナイロンタオル」であり、ナイロンタオルでガリガリ強く擦ると皮膚を傷めたりもともと備わって居る生体バリア機構が

破壊され却って風邪などを引きやすい事も分かって居ります。そんな中、スキンタッチ会が展開するツボと経絡を利用し、しかも家庭で誰でも用意が出来るドライヤーや

スプーン、歯ブラシ等を使用してしかもプロの小児鍼のそれぞれの流派で専門的に小児鍼を勉強する先生方から教えて頂けるというのは凄い価値のある事で子供の健康

とその後お子様が大きくなった時にこの事を話した時に大変な自信と感謝をお子様から貰う事でしょう!

自信とはよく、人工乳と母乳では母乳の方が免疫力が盛んで強い子に育つといわれて居ります。

私は人工乳で育ちましたが、当然、母乳だと健康に対する自信が生まれます。

同じ様に「子供の頃乾布摩擦にも勝るこの様な小児鍼の専門的な

先生方から教わった乾布摩擦にも勝る様な健康法をずっとやってあげてたんだよ。それも第一次成長期の大事な時に」

とお伝えしたらどうでしょう!?

きっとお子様は健康に対してポジティブに前向きに良き自信を持って真っ直ぐに成長してくれるに違いありません。私はその様に思います。

仙台、宮城県にも存在したスキンタッチ会

仙台や宮城県にも「スキンタッチ会」が存在しました。ある時、私の2人の大先輩がやって居る鍼灸院が歩いて20分位の所に存在します。

いつも定期的に情報交換や何かあると報告し合ったり

施術の勉強会、そして施術の合間で暇になるとそこに集まって情報交換したりする場所です。(笑)。

「今暇なんですけど行っていいっすか?」「おう来なさい!」という感じです(笑)。

お世話になって居る先輩なので必ずお茶やアイスコーヒー、時にはお寿司などを持って行って上がり込みます。そして様々ン情報を得て来る訳です。色々

講習会などのチラシも頂きます。そして現在の鍼灸マッサージ師会の現状などを話し合います。そんな中にあるチラシが目に入りました。そうです。スキンタッチ会のチラシです。

「宮城にもあったんだ。そうだ、良い事を思い付いた!うちの妻に話してみよう!」

私の妻は様々な諸事情のある乳幼児や児童を預かる児童養護施設の看護師をして居ります。そしてそこのゼロ歳児の担当をして居ります。

もしかすると許可が下りればスキンタッチ会の講習が可能になるかも知れない。

そうなれば小児鍼の普及や良さを広げられるチャンスも増えるかも知れない!」

早速、家に帰り妻に話してみました。「面白そうね!早速主任と園長に話を通してみるわ」

そうして許可が下りた様でした。しかし、そうは言っても私は宮城の「スキンタッチ会」の先生方とはまだ面識がありません。

「信頼出来そうな相応しい先生を見つけて電話して話を通しておくからそうしたらその先生に連絡すると良いね」と妻には伝えました。

宮城スキンタッチ会の名簿の中で女性の先生が一番上に載って居りました。そして電話をして話してみた所、私の想像していた相応しそうな

大変信頼のおける先生でした。金谷とも子先生です。

「これなら大丈夫!」そして「先生は小児鍼はなされないんですか?」と聞かれたので「興味はあるのですがまだまだ専門では無く経験が無いもので、

ですので先生の様な小児鍼専門にされて居る先生にお願いすれば小児鍼の良さが広められるチャンスが増えると思うのです。私も講習会の成功を心から応援して居ります。

どうか先生宜しくお願いします。妻には後で電話させますので」とお伝えした所、快く引き受けて下さいました。そして講習会が開かれ妻にもお話を聞いたところ

やはり小児鍼のかなりのベテランで施術以前に大切なもの、例えば一番最初だと子供が心を開いてくれないから少しずつ慣らして行く点など本当に良く知ってお居られる

先生でした。そして、休日だというのにボランティアにも熱心に赴き鍼灸師としての姿勢を私は見習わなきゃいけないと反省しました。そして先生はお子様二人を立派に育て上げ

られ、子育ての意味でもしっかりして居られます。宮城にもこんな素晴らしい小児鍼の先生が居ります。

小児鍼をまだ知らぬ方々へ小児鍼を知って頂く上で相応しい先生が良いと思って居りました。
そんな折に大変ラッキーでした。こんな素晴らしい良い先生とご縁があり本当に良かったと思いました。

仙台近郊で小児鍼でしたらこの金谷先生を推薦します!参照→https://kanaya-hariq.com/

仙台近郊やそれ以外の方へ

私も小児鍼は専門ではありませんが素晴らしい事を知って居ります。専門外でも鍼灸の素晴らしさを知ってもらえることは嬉しい事です。

また、知って頂く意味でも信頼できる先生でないといけません。金谷とも子先生は大変熱心で信頼できる先生だと感じました。小児鍼を探して居る先生は是非、金谷先生を

おススメします!

また、当施設で施術を受けながら色々な鍼灸の情報交換も可能です!是非、皆様お越しください!コミュニケーションを大切にする土田はり灸院を宜しくお願いします!