ヘルニアとはラテン語で「出る」の意味でその名の通り軟骨がはみ出して神経に触るために症状が出るというものです。その症状とは患部の激しい痛み

ヘルニアの出ている部分に触れている神経の走行線上の痺れや痛み、麻痺などです。腰に出来たとすれば腰から足の指先までこのような症状に侵されます。

shutterstock 197488283 1 300x300 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

また、頚椎の場合は、首から手の指先までや、背中の肩甲骨の内側、肩甲骨付近、肩上部などです。稀に胸椎ヘルニアというものがあり背中から脇腹、肋骨

腕と足が両方痺れや痛みが出ます。胸椎ヘルニアは割合的には非常に少ないです。

理由は、負担のかかる部位が背骨では第一に腰椎の4番、5番、次いで腰椎の5番と仙骨の1番、

又は頚椎も頭がとても重いので受け止めるのにヘルニアになり易い部位だからです。

しかし、腰椎の他の部位や胸椎、腰椎と胸椎を結ぶ部位、または、頚椎と胸椎を結ぶ部位だってヘルニアは起こります。

お引っ越しの準備で上半身で急に物を持ち上げた場合や重量挙げの選手なども胸椎ヘルニアはなり易い症状です。そして、通常、ヘルニアとは

背骨の事が多いですが、鼠径ヘルニアなどは腸が鼠径部から出るもので背骨のヘルニアとは全くの別物です。ここでは背骨のヘルニアのみを述べていきます。

65e7ccaddb690b46d3e69e27731751be 225x300 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

頚椎は全部で7つ、胸椎は全部で12個、腰椎は全部で5つある

さて、人間の背骨は1本ですが、その中でブイブイによって呼び名が変わります。首でしたら頚椎と呼び、背中は胸椎、腰部は腰椎です。

頚椎は全部で7つあり、胸椎は全部で12、腰椎は5つありそれぞれから神経が出て居ります。また、神経の出口はそれぞれの骨の数よりも多く

丁度、川が合流するように神経が繋がったりします。そのためどの部位にどの様な症状があるかでおおよその部位の見当は付くことがあります。

かし、同じところを流れている神経も複数あったり紛らわしい事もあるのでMRIで調べる事がヘルニアの場合には必要です。

ヘルニアは症状は自然に緩解する。

ヘルニアと聞くと大変な病気と思われがちですが、確かに症状が激しい場合は特に大変ですが、実は症状は安静にしていると自然に落ち着き

緩解するんです。しかし、自然に放置するのは時間が掛かり大変なので、現代は薬を使い痛みを紛らわせた方がより楽に緩解します。

なので放っておいたら気が付かないうちに良くなっていたというものはよくあります。

1回出たヘルニアは元の形に戻ることはない

1回出た軟骨は元に戻ることはありません。体内に吸収されるのです。しかし、気にすることはなく、ヘルニアは一種の老化現象なのです。

例えば、スポーツで酷使する人はその分、摩耗が激しいのです。それも医学用語では老化と呼ぶのです。なので、激しく鍛えすぎるのも考え物なのです。

酷使する事で骨の老化を早めるからです。それに、人は生きている以上、退行変性と言って生まれた瞬間から成長、老化が始まります。特に人の骨は

10代後半から少しずつ老化が始まるといわれて居ります。なので、鍛える事はもちろん大切ですが、酷使し過ぎず、大切にしながら鍛える事がいかに大切かが

お判りだと思います。

ヘルニアの痛みが自然に無くなるのはなぜ?

痛みが自然に取れる要因は、神経に触って居た軟骨が体内に吸収されていくから、結果、神経に触る部位が減り、

炎症がなくなり、神経走行上が通常の安定した環境に
戻るからです。

自分でよくする方法はあるのか

急性期ですと難しいので整形外科に行くべきです。また、冷やして楽ならば冷やしても構いませんが、ヘルニアもぎっくり腰も温めた方が良い結果が当施設では出て居ります。

骨折と打撲は冷やさないといけませんがヘルニアとぎっくり腰は例え急性でも温めた方が良い事の方が多い様です。

確かにぎっくりもヘルニアも元々は冷えから来ますからね。急性の場合は冷やして楽な場合冷やして勿論構いません。

s shutterstock 191493023 300x216 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

そして、なった時に鍼灸やマッサージ、ストレッチを始めていくと良いです。

また、マッサージやストレッチは筋肉に主にアプローチします。確かにこれらでも良い訳ですが

ホットパックを購入し、患部をよく温め神経を太くすることが最良の方法です。

何故かと言いますと、マッサージやストレッチで行き届かない神経の流域まで

行き届かせることが出来るからです。ヘルニアはあくまで末梢神経が原因になって症状が出るのです。

それ故、温め、神経を太くするという事は、即、患部にアプローチしていることと一緒です。そして自分ひとりで取り組める

緩解策です。症状を筋肉優先で考えるのか、神経優先で考えるのかで優先順位が変わって来ますね。しかし、神経のめぐりが悪く成って居った

患部は、確かに筋肉が固くなりアプローチが必要なわけですね。なので温めるもマッサージもストレッチもそれぞれ役割が違い全て必要なものなのです。

また、温める際ですが、点と面とか局所的や全身的という考え方があり、患部を楽にする場合、あくまで点、(ポイント)や局所に的を絞って

温める様にしないといけません。よく腰痛ですと「お風呂で温めればよいですか?」と聞かれることが多いのですが、確かにお風呂も良く

温泉もとても良いでしょう!しかし、医学的に緩解を考えるのならばお風呂や温泉は全身を温める全身的になります。なので、点や局所を意識して居る事にはなりませんので

緩解にはならないという事になります。悪いものではなくお風呂なども良い訳ですが、症状の緩解についていうならば甘いと言わざるを得ません。

shutterstock 746656900 1 300x150 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

また、当施設では「脈診」で全身を整える施術があります。これは一見全身的ですが、お風呂のそれとは違うのです。それは弱い経絡を見つけ出してポイントで行って居るという事です。

しかし、この脈診でさえ、急性の劇症の時には局所から施術を行うという法則があります。

「急なれば即ちその標を治し、緩なれば即ちその本を治す」という基本原則が東洋医学にはあるのです。ちょっと話が脱線しましたが、皆様の患部を温める時には

既に慢性にはなっており、この事とはちょっと違いますが、皆さんが患部を楽にしようとするときの温める時には局部のみ温める事を意識しましょう。

しかし、これは東洋医学的に悪いところが関連がほかにあるとかないとかとの理屈とは別の概念です。あくまで症状緩解で温めるときのお話です。

また、当施設の鍼灸は病院通いと併用しながら急性のヘルニアに行うと更に楽になり、緩解を早めるヘルニア特別施術があります。

ヘルニアで手術が必要なケースはよほどひどい時のみで99パーセントは手術なしで緩解するといわれて居る

ヘルニアの場合、日常生活に支障が出る場合などに手術が必要となる様です。割合的に患者様を診て居りますと、頚椎は結構、手術の頻度が高いように思います。

詳しいことはわかりませんが、頚椎ヘルニアの手術の基準というものが分かりかねますが、腰のヘルニア手術よりも少し多い印象を受けます。

腰の場合は主に膀胱直腸障害といって便や尿の出が悪くなったり、逆に失禁したりする場合もあるのです。怖いですね。なかなかヘルニアも侮れません。

こんな時やアキレス腱反射が完全に喪失し、手術以外に方法が無い場合です。この2つが手術の判定基準とよく言われます。

しかし、最近では保険外でしかも日帰りで出来る「切らない手術」というものがヘルニアで出来るそうですね。興味はありますけれどもいかがなものでしょうか?

それに、ヘルニアの部分が出ている事が確かに根拠ではあるのですが、果たしてそれを取ったからと言って奇麗さっぱりと症状が無くなるかと言えばそうでもありません。

わずかな微量でも神経にはついて居りますし、今まで触れていたために、神経もそのことに慣れて居って炎症反応が続いて居ったり、また、周りの筋肉や姿勢自体が変わって居らないので

また、同じ部位が負担がかかって圧迫されることになるので、そのことも考えないといけませんね。

しかし、最終的には信頼できる医師を選んだうえで指示を仰げば間違いないでしょう!

左右両方ヘルニアになる事はあるのか?

無いとも言えませんがほとんどは

ヘルニアは大体左右どちらかに症状が出ます。しかし、交通事故や重傷な予期せぬ事故による大けがの場合などは両方のヘルニアが出る事もあるそうです。

東洋医学的にはどのようなことが多いのか

東洋医学的には骨と関係する「腎」の弱りが一番多い様です。次いで筋肉を主る「肝」の変動の方が多い様です。

そのあたりを調整しながら施術を行います。

shutterstock 655694260 1 300x169 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

予防法は?

やはり運動で鍛える事です。しかし、結構きちんと筋肉を付けていかなければまったく意味がありませんので

ae3399a6ac1e563d4d74eb66da822734 300x286 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

適当にちょっと動かすだけでは予防法とは言えません。きちんと背中下半身上半身を正しい方法で筋肉を付ける事です。

shutterstock 1140159845 1 300x181 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

その鍛錬する際にも痛めつける事の無い様に、絶対に無理をせずにコツコツ続けるのみです。そして緩やかに負荷を上げて行く事です。

shutterstock 303801164 1 210x300 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

 

第二に疲労を溜めない事。疲労がたまって居るといつもの動きでもボキッといっちゃうものです。

6a62aea8e192ba073c9a7be95b201042 240x300 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて

第三に栄養をきちんと取る事です。骨や筋肉の作られる栄養素をきちんと摂取する事です。そして白砂糖などがたくさん入ったものは

骨を弱くします。そのあたりにも注意を払う事でしょう!

そして当施設の鍼灸を積極的に受けて強い体を作る努力と投資する気持ちが大切です!

仙台近郊やそれ以外の方へ

お金がもったいないと言って体のケアにお金を使わない人が居ります。とんでもないお話です。

今現在、元気に働けて居るのも健康だからです。その指導を受けたり、体を伸ばしてもらったり

全身を整えて貰ったりすることはまずもって大切な要素です。是非、土田はり灸院で積極的に施術を受けて定期的に通いましょう!

そして身も心も美容も健康も思うがままに手に入れて、あなたの

周りのみんなも喜ぶ

ダイナミックに楽しい人生にしましょう!土田はり灸院はそんなあなたの強い味方です!

shutterstock 1089832727 1 300x157 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 椎間板ヘルニアについて