当施設の患者様でも「自分でストレッチをしている」とおっしゃる方はとても多いのですが、

残念ながらきちんとどこの筋肉を伸ばしているのかを分かって行って居る人は残念ながら殆ど居りません。

それだと全く意味が無いどころか「ストレッチは効かない」と勝手に思ってしまって止めてしまう方も多いと思います。誠に勿体無い事だと思います。

また、当施設では特に腰部のストレッチを行ない指導する事が多いです。そして、自分でもきちんと行える様になって頂きたいものですが、

「前回教わったストレッチを自分でやってみました」というのを見てみると全然違う所を伸ばして居たりします。それだけ正しくストレッチを行う事は意外と難しいのです。ストレッチ、ストレッチと聞き慣れて居り簡単に取り組める様ですが・・・

また、「腰回りの全てに良いストレッチ」と称してどこかで教わって来る患者様もいらっしゃいます。全部の筋肉に良いストレッチと言うのは本当は無いのです。

そして、分かっている方が簡略化して行うのと分からずにただ行うのとでも雲泥の差が出ます。それにストレッチに一番大事な「イメージ」をする事が無いのでただ分からずに行って居る事になるのです。

それでしたら適度に動かし、運動した方が良いと思います。ストレッチはきちんと意識して硬い部分の筋肉を伸ばし、柔らかく成ったり可動域が広がるから意味があったりして正しく行えば誰でも結果が直ぐに出るから面白く真剣に取り組める訳で

す。そして、正しく行えば自分でも直ぐに結果を出せますし、軽い腰痛症などは、自分で正しいストレッチ法を覚えて置いて足を一定の角度を保ち、伸ばしていると即、痛みを自分で取る事が出来ます。軽い内に行うとお金が掛からず自分で腰の痛みを直ぐに除く

事も出来るのです。なので、

一つで良いのでしっかりと正しいストレッチを身に付けましょう!

そして、そのためにはある程度で良いので、伸ばしたい筋肉がどこからどこまで付いているのかを頭にイメージして置いて伸ばすと良いでしょう!出来れば簡単にで良いのでどの様な作用があるかも知って置くと本当は良いのです。

そうすると、いかにこちら側できちんと考え込まれて伸ばしているかがわかると思います。

そして、一つきちんと出来ますと他の筋肉がストレッチが必要な場合などに「この筋肉ではない」と分かるものです。

その結果、闇雲にただ、効いているのか否か分からずにストレッチをする事は無くなると思います。

仙台近郊やそれ以外の方へ

きちんとストレッチを行えているのかが一番難しい問題ですが、一番大切な要素です。

きちんと行えていなければ意味が無いからです。その次に伸ばし方や呼吸法などを組み合わせるととても良いストレッチを作って行く事が出来るのです。

スポーツをやっている人や以前スポーツをやって居た人はどの筋肉がどの様な働きでという事を少しでも分かる人が多いと思います。

それは実際、身体を使い、どの様な動きだとどう体に負担が掛かるという事を知っているからです。これもイメージ出来ているから簡単に取り組めるのです。

焦らず自分のイメージで正しくストレッチを行う様に努力してみましょう!

最近では、youtubeなどを見てみるとしっかりとした動画を作成されている方が沢山いらっしゃいます。そして、解説付きできちんとストレッチを行って居るのでイメージしやすいと思います。大変良い時代になりましたね。

昔は、ビデオやDVDなど、その様な種類の動画も数少なく、また、数少ないモデルのやり方しか見る事が出来ず、イメージをし難い事も多々ありました。それは、それぞれ人の動きはクセがあり、ある人にはしっくりと飲み込めても

ある人が見るとピンとこないという事がよくありました。しかし、現在は、youtubeなどを見ると沢山の本職のトレーナーの方が上手にストレッチする動画を無料で何度でも見る事が出来ます。

その様な動画を見て研究する事も良いかと思います。

当施設では、腰痛の患者様が多数来院しますが、ストレッチの指導を行う時に当院オリジナルの独自のストレッチも織り交ぜてます。それは、通常の運動のストレッチと非常によく似て居るのですが、

目的が違うと言いますか、スポーツ選手の場合は怪我をしない為のウォーミングアップもありますが、身体の柔軟性に依り可動域の向上と、その結果、記録の向上、プレーパフォーマンスの向上を目的とする事が殆どですよね。

しかし、もう、ケガをしない為の身体づくりや故障しない為の身体づくり、痛みを軽減し、早く回復するためのストレッチは症状軽減が目的なので、同じ様なストレッチに見えても微妙にポイントポイントが変わって居たりするのです。

きちんと研究に裏付けられた結果、責任を持って行われて居ります。その様に当施設では同じストレッチの中でも目的によってポイントポイントを使い分ける迄細分化され、分析されているストレッチもございます。

ストレッチもきちんと研究するととても奥深いものです。到底、いい加減に出来るものではありません。しかし、ポイントポイントをキチンとさえしていれば、ポジティブに簡単に効果を出せるものです。

どうか、日々のトレーニングやスポーツ後のクールダウン、体の柔軟性の向上のために正しいストレッチを覚える様にどうぞ努力してみて下さい。

当施設でも腰部の施術の後などにはストレッチを行う事が多いのですが、自分で出来る様に分かるまで優しくわかりやすく必ずお伝えして居ります。

もし、ストレッチの事で解らない事や上手く行かない事などあれば、施術の時にでもお気軽に聞いていただければと思います。