暖かくなって来ましたね。仙台はお花見のピークが先週末位で徐々に終わろうとして居りますがまだ咲いている所もありますね。

今年は何だか桜が咲いてから雪が降ったり突風や雨が降ったりと少し忙しい春先ですね。まあ、毎年そんな感じですけどね。

私は今頃の季節から夏にかけてが一番好きな季節ですね。今頃の季節になると毎年とてもワクワクしますね。これから温かい季節や夏が来るんだと思うと

とても嬉しくなっていますね。しかし、季節の変化の時期ですので、体調も崩し易く、特に人によっては五月病とかうつ、会社に行きたくない、学校に行きたくない

などという症状が出る人も居ります。果たしてこれは一体どういうことなのでしょうか?

新シーズンという事もあり、新しい環境に入る方も多い事でしょう!その、新しい環境になかなか馴染めずに気持ちがついて行かなくなる方も多いと思います。

また、家計や自分の中での様々な変化、転換期を迎えており、自分の心の中で整理を付けようと苦心している中に、新しい職場や学校等の環境の変化があるために

大変に気力が持たなくなりダウンしてしまう方も多いのではないかと思います。そこには自分が目標と描いていた理想の展開とはかけ離れたなかなか思うようには行かない

葛藤というものが生まれ心が腫れず悩むものです。そんな時に限って、人から指摘された事が心に刺さりその事がいつまでも気になり

「人に会いたくない」などになって行く人も多いと思います。こうなって来ると学校や職場を休む人も出て来るのではないかと思います。これを防ぐ方法は無いのかと言うと

やはり「自分に忠実に生きる」以外に方法は無いと思います。「自分に忠実に生きる」というのは好き勝手に生きるというものでは無く、自分の感性や自分のライフワークを大切に

自分の心を大切にしながら生きる事だと思います。それで自分でも分からなくなってしまうムリというものをあまりしなくなるからです。それを気を付けて居ても生きるという事は

決して楽な事ではありません。自分の力ではどうしようもない事だって次から次へと襲って来る事があります。不思議と次から次へと色々な事が起こると

「最初は頑張って乗り越えよう」とか思って取り組むのですが、それでも解決しない場合は逆に力が抜けて来るものですね。「時間が解決するさ。今は動くなという事だ」

など、考えてその時が過ぎ去るのをじっと耐えるしかありません。

しかし、それらを解決すると楽しい事も沢山あります。解決するには時間が解決する場合、対策を立てて解決する場合、

人の力を借りて解決する場合様々ですが、時間が解決する事って結構多いものだと思います。それを「自分が悪いからこうなったんだ」とか「自分の対策が間違っていたんだ」

などと責めても時間は戻っては来ませんね。それに経験的に全て必要があるから経験したのだと思いませんか?明らかにその時点で自分で選択をしているものです。だとしたら

その経験に損やロスはない筈ですね。もう、それで解ったのですからそれで良いのです。さて、そんな時に体調を崩してしまったら逆協には勝てませんよ。

そんな時に当施設で鍼灸を継続されて気を補給されてみてはいかがでしょうか?まもなく何もかもが上手く行きますよ!とは言いませんね!(笑)。

心を楽にし、乗り越えれるべく時を迎えられるとでも形容出来ましょうか、その理由を今からお話しましょう!

東洋医学的な鍼灸では「七情の乱れ」という考え方があります。その「七情」とは一体なんぞや。

当施設では脈診を行います。脈診に依る気の調整です。経絡に気を注入し元気を取り戻す方法です。

しかし、ここで言う「気」とは鍼灸で言う「気」であり「気功」や「波動」「宇宙」等の「気」とは違う概念です。そして東洋医学には「気」・「血」・「水」に基づいた考え方が

基本です。その「気」という考え方の事を指します!

どこの内臓経絡の気が虚して(弱って)いてその分、何処が実(強い)しているのかを六祖脈と言われる比較脈診と大まかな現在の状態を診る脈状診

というものを行って行きます。その理由とは感情とどの様な関係があるかですが、

それぞれの経絡、肝、心、脾、肺、腎がそれぞれの感情に影響を及ぼしたり逆に影響を受けるという考え方です。

肝→怒 心→喜(笑) 脾→思  肺→憂,悲 腎→恐.驚  これを心の病の軽減に取り組めるのが当施設の脈診に依る気の調整です。

施術はちっとも痛くはありません。脈と心がどんな状態なのか、例えば怒ってばかりいるとか、逆に怒れない、何か言おうとする前に泣きたい兎に角泣きたくなる

など肝が影響したりする事が多いものです。また、なんでも悲観的に考えたりクヨクヨとして「「どうせ私なんか一生こうやって病気で苦しんで死んでいくのでしょう」などと

将来を悲観し悲しむ場合や、なんだか今にも泣きだしそうな感情がいつもあるなどと言う場合には肺が変動している事が多いなどです。

そして、飽きっぽかったりいつもビクビクしている場合(何か後ろめたい悪い事をすれば別ですが)は腎が影響すると考えられます。面白いでしょ。

しかしこれはちゃんと東洋医学の学理に基づいた無い様なんで安心なんだ。だからお気軽間隔でポジティブ間隔で占いのような感覚で気分転換にどうかなと思って居ります。

中には施術で職場復帰を果たした人も居る位なので気分がイマイチな方は一度お試しあれです!ゴールデンウィーク暇だなどという方が居りましたら是非お待ちしてまーす!

仙台近郊やそれ以外の方へ

季節の変わり目には体調の変化の他に気持ちの変化も起きやすいものですね。それ位、季節には無意識に感情に変化をもたらします。感情と身体を切り離して考える方が

大勢居ります。感情と体調は東洋医学では切っても切り離せない関係です。病院へ行ってみても異常が無くなかなか気持ちや気分が晴れない場合や、身体が重い、怠い場合など

ありましたら、是非、当施設で気の調整を中心とした経絡を整えてみませんか?きっとサッパリしますよ!お待ちしてます!