当施設では鍼は刺さずに気を整える道具としてまず考えて居ります。当然、刺すべく所には刺す訳ですが

刺さなくて良い事も沢山あります。その一つが

経絡は体表を巡る

という考えから来ます。そして、現代医学的にも表皮が自律神経の働きにより閉まったり開いたり無意識の内に行われて居るとても人間が

作る事の出来ない優秀なコートを来て居る為、そこの反応を診て整える事で体調を維持、管理して行こうと考えるものです。

Wikipedia皮膚参照→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%AE%E8%86%9A

通常、鍼は深く刺す事でしか身体を整えたり楽にする事が出来ないかと言えば決してそうではないという事ですね。

しかし、美容皮膚科の分野に於いても表皮の活性化の研究や表皮への微細な刺激による効果が立証されて来て居るという事も良く聞きます。また、当施設でも美容鍼は「刺さない美容鍼」からスタートしました。

→当施設美容鍼専門サイト内のブログ”仙台の美容鍼鍼灸院長の独り言 表皮の美容鍼”項参照https://tsuchita-hari.net/2019/09/14/%e4%bb%99%e5%8f%b0%e3%81%ae%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%e9%8d%bc%e7%81%b8%e9%99%a2%e9%95%b7%e3%81%ae%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80-%e8%a1%a8%e7%9a%ae%e3%81%a8%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc/

当施設では美容鍼に於いてもお身体の調子を整える施術に於いても浅い刺さない施術を用いる事により好転を見出す事に注力して居ります。

→当施設美容鍼専門サイト参照https://tsuchita-hari.net/

また、ぎっくり腰の場合も長く深めの鍼を用いる事は多い訳ですが、浅い鍼で良く成ってしまう場合も沢山ある事や、体表の反応を侮ってはいけないのです。その理由はぎっくり腰も一種の急性の疾患ですので経絡的には顕著に反応が出るからです。

当施設公式サイト診療料金メニューpriceページ参照急性ぎっくり腰特別コースhttps://tsuchita-hari.com/price/

当施設公式サイト内の症状一覧ページぎっくり腰項https://tsuchita-hari.com/strained-back/

また、自律神経を整える場合にも浅い鍼はとても良いのです。s shutterstock 788967403 1 223x300 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 浅鍼の効果先程も述べた様に人間の体には体表や身体を取り巻く環境などの情報をキャッチしながら動いている自律神経があります。

参照Wikipedia自律神経系https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E7%B3%BB

汗を意識して出す人は居りませんね。逆に寒くなった時に鳥肌を止める事が出来る人も居りませんよね。これは自律神経がちゃんと体表の情報を

キャッチして行われて居るからです。ツボはいまだに科学では証明されて居りません。経絡も同じです。

しかし、何千年もの間、同じ効果が沢山の数実証されている事です。

至陰穴に行う「逆子」

の灸は有名です。

Wikipedia鍼灸参照https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%BC%E7%81%B8

Wikipedia鍼灸師https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%BC%E7%81%B8%E5%B8%AB

鍼灸の体表の経絡やツボを生かして自律神経に対して効果を狙う事は大変面白い事ですね。

それを考えただけでも良くなってしまいそうですね(笑)。

仙台近郊やそれ以外の方へ

それらを生かして当施設ではそんな考えで施術を行って居ります。