背骨は1本で、頭の重みを支えて歩き、重心が下に落ちる訳だが、

腰が悪くても背中や肩などに負担が掛かり、肩や首が悪くても足腰に無意識に負担が掛かってくる。

この様に肩も腰もどちらも大切であるし、健康に保たないといけない。現に肩こりを悪化させていった結果「腰の方は以前は気にならなかったのですが

最近腰も気になる様になって来ました」という所謂しなくても良い「腰痛デビュー」を果たしてしまう人も多い。前かがみ姿勢が続いたり中腰になって

shutterstock 373034434 300x290 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 肩凝りと腰の関連性とそれぞれのタイプ

腰を痛めるのが分かりますが、肩凝りをかばい猫背を悪化させて悪い姿勢によって腰痛デビューを果たすタイプである。

また、慢性腰痛もちで腰ばかりを気にして姿勢を保持して行った結果、無意識に腰だけ固定するような意識で姿勢を取っていたつもりが

肩にまで力みが入り肩こりを最近感じ始めましたと云う人も居る。大体は色々な原因、仕事や運動不足、悪い姿勢が長かった等の

youtsuu 300x293 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 肩凝りと腰の関連性とそれぞれのタイプ

直接的原因や年齢体質等が混ざり合って一つの症状を形成するケースが殆どであるが、それぞれ大まかなタイプの様なものに分類できるのではないかと思います。私は

色々な人を施術していると大体の方が「私は腰」「私は肩や肩甲骨の上半身」と大体、肩凝り、首凝りなどの上半身の愁訴のグループと

腰や臀部、ふくらはぎやハムストリングス等の下半身に不調を訴える人とに分かれると思う。しかし、中には「両方」と言う方も多い。

さて、主にどのようなタイプに分類されるかと言えば

①骨格が原因(猫背、亀背、ストレートネック等)の場合

・猫背、亀背の場合は肩甲骨の凝りと肩こり、頸の胸鎖乳突筋の凝りが顕著で、

ストレートネックが原因の場合は頸が緊張して居る事が多い。同時に肩の凝りも強い事が多く

頚椎ヘルニアになり易いタイプ。

腕に痺れを感じたり肩甲骨間部が痛みが続く様になったら頚椎ヘルニアの疑いあり。

②ホットフラッシュやのぼせと共に肩こりがあり同時にめまいとふらつきがあるケース

・体質的に「気逆タイプ」からからくる来る肩こりタイプ。足は冷たいけれど上半身が火照るなどはこのタイプの典型。

東洋医学的には肝虚や腎虚が多く特に腎虚が最も多い。腎虚と同時に脾虚も招いて浮腫みも併発して居る事もある。

この様な場合、緩解には局部の施術の他に、体質的な施術が必要になる。

③腰が弱く、しょっちゅう腰痛を起こす。しかし、肩凝りとは無縁のタイプ

肩凝りは一度も自覚したことが無いけれど足腰が自信のないタイプ。一見ひ弱に思えるが、決してそうとばかりとは言えず、以前、アスリートだった人が

腰痛をこじらせてこの様に腰痛だけ残るケースが極めて多い。スポーツを辞めた後の過ごし方、運動不足や肥満が症状を増悪させるので

元々、スポーツ好きの利点を生かし、トレーニングで鍛える事が大切。または腎を強化するトレーニング(砂浜を歩く、下半身を鍛える、経絡で腎を強化する鍼灸を定期的に行う事。

運動嫌いで腰痛を繰り返す人、運動が苦手で腰痛を繰り返す人はまずは出来る事や人を頼ると良い。(鍼灸で経絡を強化し、毎日自分でお灸を行う。そして体質的に腎を強化し

てから少しずつ易し目のトレーニングのアドバイスを受け取り組むと良い。

④肩凝りと肩甲骨の凝りがひどく腰痛など一度も考えたことが無いタイプ

生まれつき筋肉質で分厚い筋肉の方が多く、肩凝りから解放されるなら何をやっても良いと考えて居る程、肩凝りとは無縁になれないタイプ。

やはり鉄アレイやダンベルを自分で買い、家で姿勢維持筋だけではなく、速筋や大きい筋肉(僧帽筋や大円筋、小円筋、大胸筋、肩甲骨周りの筋肉)を動かすようにする事。

kinniku - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 肩凝りと腰の関連性とそれぞれのタイプ

そうして大きな筋肉を緩める事を意識する事。マッサージのみに頼る傾向が強く、特に刺激が欲しいのでどんどん強く押して若しくは棒のようなもの

を使って暇さえあれば自分でも無意識に沢山押してしまい、エスカレートし、筋肉を却って硬化させてしまう人が多い。気持ち良いのでこうなってしまうが、ある程度は良いものの

冷静になってダンベル鉄アレイ等で筋肉全体をブルっと緩ませる意識を頭の片隅に置いていてほしいと思います。

pixta 6516917 S 300x209 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 肩凝りと腰の関連性とそれぞれのタイプ

仙台近郊やそれ以外の方へ

肩凝り腰痛を繰り返しあきらめて居る人が居りましたら土田はり灸院へお越しください。

先に述べた通りでわかりますが、色々なタイプがありますのでそれぞれに良い緩解の近道があります。

それぞれに適した方法をアドバイスします。気になって居る方、半ば諦めて居る方はまだまだ間に合いますので

是非、お待ちして居ります!