shutterstock 99226643 300x200 - 仙台の隠れ家鍼灸院長の独り言 マッサージと鍼灸の違い

マッサージが好きな方は多い事でしょう。よく「整体やマッサージで効かなかったので鍼灸に来てみました」とか

「マッサージや整体は受けた事があるけれど、鍼をやるのは初めてなんです」

という方がいらっしゃいます。

ワクワクしている方や、少し不安そうな「痛かったらどうしよう」などと思っている方が多い事でしょう。

しかし、意外に受けてみると「えっ?やっているの?」と思う位、あっさりしたものに感じる人が大半の様です。

なので、施術を受けている時は少しだけ物足りないと感じる方が多いと思います。

鍼灸は素肌には刺す時には少々触り素肌に直接は刺しますが、

マッサージ程の押したり揉んだりの行為は無いからです。

しかし、その後、施術が終わってから「あれっ?肩が軽い」

など、違いに気が付き、しかもマッサージや整体とは別な効き方をしている事に驚くのです。

なので、思って居るほど不安ではありません。

気になって居る方は一度試してみたらいかがでしょうか?

鍼灸と聞くと、「痛いのではないか?熱いのでは?」と考える人も多い筈。

それも無理はないと思います。だって、異物を肌肉に入れる訳ですから。

こう聞くともう駄目だと思います(笑)。但し、現在の鍼はとても精度良く出来ております。

痛みは殆どありません。お灸に関しましても当施設では最上級のもぐさのみを使用して居ります。

ソフトな触り心地で甘くとても香ばしく火を点け燃やしてもソフトに燃え上がって行きます。

そして、お灸を取るタイミングや熱さなどを調整出来るものなので、熱さの心配も不要です。

「こんなに楽になるのだったらもっと早く知りたかった」とお灸も鍼も良く言われるのが実状です。

マッサージの時と鍼の時を使い分けるのが良いのではないでしょうか?

よく「鍼が合わない」という人が居りますが、そんな事はありません。合わせ方、刺激の度合い、安心感その辺りが深く関係してます。

金属アレルギーの方も当施設では安心して施術を受けて頂いて居る方も数多くいらっしゃいます。

また、マッサージだと「揉み返し」というものがあります。鍼灸ですとそれに当たるのが施術後の違和感です。ただ、マッサージの揉み返しと比べ

我慢できない程のものでは無く施術後の違和感は緩解に向かうための手段だったのだと納得される方が非常に多いものです。実際、その後に緩解に向かう事が殆どです。

出来れば施術は必要最小限の方が良いと考えて居りますが、

それを行う事で回復がかなり早まる場合など、説明、納得の上で刺激を強めに行う事も多々あります。当然、体力を診ながらすすめて行きます。

しかし、マッサージでの揉み返しは「やられたー」と思いませんか?(笑)。本当はそうではない場合も多いでしょう!

マッサージも強押し好きから弱押し好きまで沢山居りますけど、その中でも揉み返すがある無しは施術家との相性や施術の上手、下手が大いに関係します。

そんな感じの鍼灸ですので、気が向いた時に是非トライしてみましょう!

仙台近郊やそれ以外の方へ

お気軽にどうぞ!鍼が怖い人、初めての人も是非お気軽にどうぞ。