土田鍼灸院の診療時間
電話予約のバナー
web予約のバナー
kakuzyouzyou - 逆子
midashi 13 5 - 逆子

hutaba 1 e1545389127580 - 逆子逆子

d2c0480de91c8aa2ae5d0de2f757bd49 1024x723 - 逆子

逆子に鍼灸が効果的なのをご存知でしたか?足には至陰というツボがあり逆子には古くからよく用意られて居る効果的なツボなのです。

逆子体操などよりも効果的なため至陰のお灸など産婦人科などでも取り入れる所も結構ある位です。逆子は病気ではありませんが、そのまま逆子が戻らないと帝王切開する事になってしまいます。

鍼灸を受ける目安は大体27週から32週位までを目安にして下さい。個人差はありますが35週以降だとお腹の赤ちゃんが動くには動くのですが、大きくなってしまうとお腹の中でなかなか回らないのです。しかし35週以降でも逆子が回る方も中にはおりますので絶対に諦めないでください。逆子が気になる方で27週でよくならない場合や心配の場合には鍼灸も視野に入れて過ごすようにしましょう。おなかの赤ちゃんはお母さんの想いや呼吸を感じて居ります。そしてお腹周り、下半身を絶対に冷やさない事ですね!

鍼灸では腎の変動が最も多く関わって居ると考えます。主に下半身や骨盤周りの冷えや巡りなどが関係します。当施設では逆子対策と併せて安産になるために安産灸だけではなくてそれぞれに合ったコンディション、体質を整え更に気持ち的にも楽にご出産を迎えられる様にそしてお腹の中の赤ちゃんにも栄養を行き渡りやすくするために少しでも心地よい状態に居られる様に経絡の巡りを整えます。通院の頻度は週2回が目安です。そして家でも逆子のお灸や安産灸が出来る様にご指導致します。