冷え症に悩む人は多いと思う。冷えが原因で様々な症状が出て来る。

冷え性が原因で起こる症状

①腰痛・・・足腰の冷えによって起こる

②腹痛・・・胃腸の血液の巡りが悪く冷えると起こる

③しもやけ・・・最近は減ったと思われるが、冷え性で血液の循環が悪い所に気温が低下したり寒い中に居ると起こる

④不妊・・・不妊症の原因の一つに「下半身の冷え」が挙げられる。冷え性も循環が悪いという事なのだから不妊性で悩む方は気を付けましょう。

⑤生理痛・・・生理痛も冷え性が原因になって居る事が多く、下半身の血液の巡りと大いに関係があります。

対策

①漢方薬を少し長く続け、体質改善を図る

②食事をきちんと摂り、体温を上げる。特に根菜類などを多く摂取し、生野菜等も体を冷やすものは控える。

③体を定期的に鍛え、筋肉量を増やす。特に下半身、足腰の冷えは血液を送るポンプ作用が強い方が良いので、足腰は特に鍛えて置く。

基礎体温と冷え症は別問題ですが、基礎体温が低いと更に冷え性を増長させます。

東洋医学的にはどの様に考えるのか?

東洋医学には 気・血・水の巡りが深く関係すると考えます。

特に温煦作用と言って身体を温煦し守る作用があると東洋医学では考えられこれは気の働きであると考えられております。気の中でも何種類かの気があり特に温煦に係る気は衛気、元気です。衛気とは皮膚の表面を巡る気で肌肉を温めたり、皮膚の腠理(そうり、皮膚の開閉を行い外邪の侵入を防ぎ体温を守る)
を主る気です。元気とは体に備わった資本となる気であり、中でも生まれた時に母親から授かった先天の元気と後に食事等で栄養補給にて補われその結果に生まれる後天の気に分けられる)。

「気集まれば血動かす」と言い、気の働きは血液循環にとても大きな影響を与えて居ます。

そして五臓それぞれには様々な働きがあります。冷え症を緩解するには気の巡りの弱い経絡を見つけ出し、活発にする事が大切です。

また、気が不足した状態が続くと陽虚という状態になります。陽虚とは体を温煦する作用が不足した状態を指します。

血の変動の場合

血虚と言って血が不足した状態です。これも冷え性と大いに関係します。血液と特に深く関係のある臓は肝、心、脾です。肝は脾で作られた血を蓄えます。そして全身の血の量をコントロールします。その血をポンプ作用で全身に汲まなく行き渡らせる臓が心です。

当施設では身体が気虚なのか、陽虚なのか血虚なのか、また原因となって居る臓がどこなのかを見つけ十二経絡全てを脈診して整える施術を行って行きます。例えば、肺経や大腸経などの気を主る臓腑が原因の場合や気虚の場合には肺兪や合谷などを取穴し、血が虚している場合には膈兪、血海、肝兪

などを使用します。また、陽虚の場合には陽陵泉、陽谿など陽に関係するツボを取穴する事で効果があります。また、お灸や温灸など温める施術を併せて行う事に依り緩解が速くなります。

仙台近郊やそれ以外の方へ

手術などでメスを入れてから片足だけ冷たいという方も居ります。その様な方は直ぐに「どこどこの神経を切ったため」と考えますが、東洋医学的には五臓の状態を整える事に依り一過性にですが緩解します。直ぐに暖かくなったのが分かるので

不思議に思う人も多い様です。鍼灸は正しい施術を繰り返す事が大切です。これが一種のリハビリ様行動となるからです。そして繰り返すうちに良い状態が体が覚え良いくせの状態を育み出し、やがて緩解という流れに行きつきます。その過程に於きましても

神経の巡りと捉えられている様では到底緩解など出来ず、部分のみに囚われ終わると良い結果に結び付きません。やはり、経絡の概念で以って弱い経絡を整えて行く事こそが「急がば回れ」の如し、緩解の早道です。

是非、目に見える「科学」の言葉のみに騙される事無く「気」や「経絡」の概念も取り入れ冷え症対策に当たって欲しいと考えております。鍼灸は継続が大切です。理由は体質改善だからです。食事睡眠、運動入浴などに気を配りプラスαという方には

もってこいの施術です。その様な方が居りましたら是非、当施設の施術を取り入れてみて下さい。