腰に限らず体のどこか痛い時に「温めるべきなのか、冷やすべきなのか」を悩んだり迷ったりした経験のある方はとても多いのではないでしょうか?

例えば”ぎっくり腰”を例に挙げると、「急性だから冷やす」と言う方が多いと思います。

また、湿布には「温感湿布」と「冷感湿布」があり、「冷感タイプ」が良いのか「温感タイプが良いのか」などを真剣に悩む方、迷う方は多いのではないでいょうか?

しかし、最近、病院で湿布を処方する時は必ずしも冷感湿布や温感湿布を処方するだけではなくロキソニンテープやモーラステープなど、

痛み止めが強い湿布薬を処方される事も多いのではないでしょうか?

ですので、皆さんは急性の場合は「冷感湿布」、慢性の腰痛や肩凝りでは「温感湿布」と覚えておけば間違いないと思います。

しかし、私の感想としましてはぶっちゃけ冷感湿布も温感湿布も変わらないというのが正直な感想です。効能書きを見て下さい。温感湿布にも「打撲、骨折痛、捻挫」

と書いてあるのではないでしょうか?また冷感湿布も同じだと思います。仮に慢性痛に冷感湿布を貼っても温感湿布を貼っても同じだというのが正直な感想です。

冷感湿布は最初に貼る時だけ冷たいですけどあとは冷えが取れます。また、アンメルツなどの液体タイプやスプレータイプ、軟膏タイプの湿布も同じです。

大体すべてに使う事が可能です。効きそうなものを選んで良いと思います。

要は薬効成分によって痛みが緩和される点では皆一緒だからです。それが処方様ですと強いものが処方されるというだけのお話です。

なので本当に冷やす場合には「氷嚢」やアイスパックなどで冷やす事になります。

また、本当に温める場合には「蒸しタオル」や「ホットパック」

「ホッカイロ」で温める事になります。

当施設でも勿論、骨折や打撲の場合アイシングを行います。

なので「腰が痛い」と言う場合、通常の腰痛ではなく、

「骨折」「打撲」「捻挫」の場合にはアイシングして直ぐに氷嚢で冷やす事が大切です。

急性期には温めたらどんどん腫れ上がり大変な事になります。

この様な症状の急性期の時には冷やします。コールドスプレーや冷湿布は応急的で冷やすものは氷嚢を使用します。また、氷嚢に軟膏タイプ、

ゼリータイプ、液体タイプの湿布薬を塗布して、その上から氷嚢を使用します。

しかし、冷やし過ぎも問題です。大体20分位を限度に冷やします。

また、運動選手のクールダウンも極端に冷やし過ぎる選手が居りますが、故障の原因と、筋修復の負担となり

あまり冷やし過ぎるのも良く無いのでクールダウンも注意して行いましょう!

逆に温めた方が良いケースですが、

慢性の痛みや腰痛症には確かに温めた方が良いケースが殆どです。

そして腰の場合ですが

当施設では温めた方が緩解が速いものとしてとても痛みの激しい

「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」「脊椎分離症」「脊椎すべり症」「脊椎管狭窄症」

またはこれらの疾患で手術をした後の

後遺症による痛みの場合にも当施設では積極的に温めます。

つまり、全般的には腰は骨折、打撲、明らかに捻ったという捻挫以外は温めた方が速く緩解する事がとても多い様です。例え急性の椎間板ヘルニアであっても一緒です。

しかし重度なヘルニアの場合、温めても冷やしても

全くびくともせず変わりませんね。そんな時は病院へ行き麻酔が必要なレベルです。硬膜外ブロックという注射が必要です。

仙台近郊やそれ以外の方へ

また、これは東洋医学的なお話ですが、

脈状で浮場合と沈の場合でも対処が変わって来ます。また、

東洋医学は病名で行うのではなく「随証療法」です。

鍼でも血行を止める手技もあるし流れを促す施術法もあります。

また、東洋医学的な施術ですと例え急性であろうと

流れを整えむしろ必要な経絡の流れを促しながら緩解に向かわせるという考え方があります。

しかし、

東洋医学的に施術を行う場合、

例え不足した経絡の流れを促すにしても、

熱邪や強い箇所は鎮める事が目的の補いになるので、

それがいわゆる整えると言う事になりますので、また、奥の深いものになります。

また、お灸でも温めるタイプのお灸よりかはチクッと一瞬熱い様な炎症を鎮めるタイプのお灸を行ったり、

周りの虚冷か所にお灸を据えたり患部とは逆側の

箇所の反応箇所にお灸を据えるなど色々方法があります。