こんにちは。

皆さんは便秘の時気を付けていることはありますか?

繊維質の多いものを沢山食べたり、水分を多く摂ったり色々あると思います。そして、便秘薬を服用する人も多いと思います。

また、冷たい水や牛乳やヨーグルトを多めに摂る人も多いと思います。これはこれで良いと思います。

便秘には何種類か便秘の種類があり、それらの特質をよく考えて対策を練らないと却って逆効果になるものです。

そのため「繊維質の多い野菜を多く摂って居るのに便秘が良くならず、むしろ悪化した」というケースですと完全に対策が間違って居たり逆の事を行って居る可能性があるのです。

まず、腸は小腸と大腸があり小腸は主に消化と栄養を吸収するところです。wiki消化https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E5%8C%96 

そして大腸は水分を吸収し便を形成するところです。なので便と直接関係のある所は大腸になりますので便秘はまず大腸を考えるのがよろしいかと思います。

しかし、いくら便は大腸と関係があると言えども例えば肝臓が悪かったり胆のう、膵臓などが悪くても当然便の状態には関係します。しかし、それらは割愛し

通常の大腸のみの便秘のみに絞って説明して行きます。

様々な便秘の種類

ここでは先天的な腸の形や大病などが原因で起こる器質的な便秘を除いた「機能性便秘」についてお話しします。

弛緩性便秘

腸の働きである蠕動運動が弱いと食物の通過が遅れその間に水分を体内に吸収し過ぎてしまい、便が硬く成り便秘が起こります。

痙攣性便秘

自律神経が乱れた時に起こる便秘です。過敏性腸症候群など、便秘と下痢を繰り返すケースでもこれに当たります。

腸の圧力が場所により不安定で、硬めの便を出した後に軟便や下痢が出る場合、この自律神経から来る痙攣性便秘が多いです。

直腸性便秘

便意を催して居る時に忙しい仕事や運動、そして人前に居る等の理由などで我慢し過ぎて直腸の神経の反射が弱まりいよいよ便意を催さなくなり

便秘に陥るケースです。習慣性便秘と呼ばれるものです。

食事性便秘

食物繊維の少ないものを多く摂って居る場合や小食がずっと続いた場合、作られる便が毎回少なく腸に蓄積される事で起こります。

腸活するのは水溶性食物繊維と非水溶性食物繊維を上手く使い分ける事が大切!

時々「繊維質の多い野菜をたくさん摂って居るのに便秘が解消されない」と言う方が居ります。

非水溶性食物繊維を多く摂って居ないでしょうか?

非水溶性食物繊維は玄米、ゴボウやサツマイモ、ダイコン、リンゴ、ブロッコリー、大豆、ホウレンソウ、枝豆、納豆などがあります。

腸の蠕動運動が落ちて居る時に非水溶性の食物繊維が増える事で腸の蠕動運動が促され便が出れば良いのですが、なかなか出ない場合却って苦しい場合には

便の量が却って増えて水分を吸収して居り悪化させて居る危険性があるのです。そんな時には非水溶性食物繊維を摂るのを止め、水溶性食物繊維を多く摂る様に心がけてみましょう!

水溶性食物繊維とは生プルーン、干しブドウ、みかん、キウイ、もも、海藻類等です。

そして朝一の冷たい水や冷たい牛乳などを飲んでみるのも良いでしょう。

腸活を制するには水溶性食物繊維と非水溶性食物繊維を上手く使い分ける事が大切です。

また、直腸性便秘の場合、交感神経優位になって居るケースが多く、

交感神経優位ですと便意を催すのを抑制する神経です。しかし、便意を催し「よしっ!出すぞっ!」という出す瞬間は交感神経です。

なので、まずは便意を催す事に専念し副交感神経優位のリラックスモードを作り出す努力をすることが大切です。これは例えばあまり刺激にならない様な心身が落ち着く様な絵を見たり

音楽などを聞いたりして心身をリラックスさせる様な環境を整えてみましょう!

また腹筋力や下半身、足腰の筋力も大切です。腹筋力や足腰の筋肉も強化してみましょう。

また、痔などの疾患がある方は大変ですので悪化しない様、くれぐれも注意して医師と相談しながら下剤を飲むなり対策を考えましょう!

そして経絡を整える気の調整の鍼

体表を巡る経絡の気を調整して行くと副交感神経に良き作用を及ぼします。そして様々な便秘を解消すべく努力をさらに後押しする形になります。良い結果に追い風をもたらします。

大腸は特に脾経、大腸経、肺経などが関係します。

頑固な便秘の排泄には膀胱経なども関係する

また、頑固な便秘には膀胱経に瀉法を加えると即効性があります。膀胱経は尿だけではなく、大便の排泄にも深く関係して居る経絡です。

膀胱経は深さが浅い部分にあり、浅い陽の経絡の部分を刺激する事に排泄に繋がります。なのでその様なツボの部分を見つけ出す事も大切です。

同じ便秘でも水分の吸収によるもの、腹筋力低下による便秘でも腹筋のどの部分なのかでも証などが変わって来ます。また、

肛門は魄門と言って肺が関係します。

仙台近郊やそれ以外の方へ

この様な臓腑の道筋の一つである経絡を使った気の調整は様々な努力を後押しする形となります。