アキレス腱のけんしょう炎で、歩くのもやっとの状態でわらをもすがる思いで来院しました。翌日、朝から変化があり、歩けるようになり、時間の経過とともに緩解が実感できました。その翌日にはほぼストレスなく歩けるようになりその翌日には快方に近くなりました。来院した時のことを考えると全く信じられません。お世話になり本当にありがとうございました。何かあったらまたお願いします。

土田はり灸院コメント

それは本当に良かったですね!ポイントは冷やし過ぎ無い事ですね。特に慢性期に入った段階であまり冷やし過ぎますと却って回復が遅くなります。

今はまだ慢性期とは言えない状態ですが、そこまで冷やす必要はないレベルです。徐々に温罨法に変えて行きましょう!

そして、やはり脾経と肺経と筋肉腱を主る肝が弱って居り、肺肝相克という証です。アキレス腱ですと一見、喫煙は関係無い様に思われます。思ったとしても

ニコチンタールは血液循環に悪い影響があるからと思うのではないでしょうか?いえ、違うんです。それとは別問題なんです。東洋医学的に肺に負担が掛かった結果

筋肉を主る肝が虚となった可能性が強く、おタバコは一つの要因かと思われますが、気疲れ等、気の遣い過ぎも肺に由来します。その様な東洋医学的な要因からなのです。

なので禁煙指導をしたら不思議に考えて居りましたね(笑)。確かに西洋医学的要因からもタバコは悪いですよね。この様な意味から東洋医学的な鍼灸を

取り入れると早く良くなるのです!色々なパターンに応用できますので、チラシを渡したかと思いますので、また他の部位の症状の時にも何時でも来て下さいね!

そして、なかなか病気が良くならないという方には是非土田はり灸院を教えてあげて下さいね!今後ともどうぞ宜しくお願いします!