ノロウィルスからの復活、冬の最中、流行していた感染性胃腸炎に罹ってしまい3日間ほど、ほぼ絶食状態で過ごしました。それから数日経ってもなかなか思うように食べられずうどん半分がやっと・・・という状況でしたが、それでは体力が戻らず仕事にも支障があり弱っていました。それで、「少しでも良くなれば・・」という思いで先生に施術をお願いしたところ、胃腸の調子を整えるための鍼を打ったり解毒のツボにお灸をしてくださいました。すると、施術後の帰り道から、なんだか内蔵が軽くなったような感覚があり、その日の夕食はうどん一杯完食でき、翌日からは徐々に普通食にシフトしていけました。本当に劇的に回復し自分でもびっくりしています。
肩こりなどの身体的な症状だけではなく、内科的な症状にも鍼灸は有効なのだと、身をもって実感しました。ありがとうございました!

土田はり灸院コメント

ノロウィルスお疲れ様でした!大変でしたね!病後の免疫力を上げるのに当施設の鍼灸はとても良いと思います。

脈を診ますと典型的な脾虚ですね。やはり脾経が虚して居りました。そして胃経の反応のある上巨虚穴、足三里穴に透熱灸を

10壮ずつ据えました。そして脾経の急性のツボ、食中毒のツボと言われる地機穴にも反応がありましたので3層程お灸を据えました。

そうしたらどうでしょう?胃腸が落ち着きましたよね?そして落ちていた食欲が戻った事と思います。

この様に意外と病後の食欲不振には鍼灸は効果があります。肩こりも酷い様なので是非今度は肩凝りの施術に来てみて下さい!お待ちしてます!