病気をして手術等をしてよくはなったのですが、顔・全身がむくみがちになってしまったり手術の影響で片足だけ痛み・しびれ・冷えが強かったり不調が続いていました。
以前から鍼に興味はあったものの恐い気持ちもあり鍼灸に挑戦できませんでしたが、今回、初めて土田先生に鍼灸をして頂き、手術後の不調だけでなく幼少期からのお腹の冷えも含めて身体の不調が快方されました。初めての鍼灸でしたが、痛みはほとんど感じず、首・顔などで数カ所ズーンと響くような感覚はありましたが、不快ではなく「効いている」という感覚でした。私の場合は、鍼の後すでに顔のむくみや足の冷えが緩解されて、むくみの方は2~3日後、よりスッキリして来た感じでした。幼少期から夏でも腹巻が必要なほど常にお腹は冷えて肌ざわりも冷たくジトっとしていたのが、鍼がおわってから気づくと腹巻しなくてもお腹をこわさず、肌ざわり(お腹)がサラッとして温かかったのはびっくりしました…。
手術後の片足の冷え・痛みは病院の検査で「血管や骨に特に異常はない」との診断だったのでこれまではマッサージなどで苦痛をやわらげるだけでしたが、鍼をして頂き足の色(血色)がよくなっているように感じ体全体を温かくなっているので今後も土田先生の鍼灸を継続して受けさせて頂きたいと思っています。鍼が怖いと思っている方は、土田はり灸院のような鍼灸院はおすすめだと感じました。(先生のお人柄・衛生面(院内)など安心できます。)

土田はり灸院コメント

いつもお越し頂きありがとうございます。

癌が進行して居たにもかかわらず

転移も無く経過も今のところ良好で本当に何よりです。鍼灸はこんな病中病後の時には必ず力になってくれます。

そしてお腹の冷え、これは毛穴がジトっと開いて何となく汗を掻いて居る感じがいつもありお腹が冷えるというものではないでしょうか?

これは実は冷えではなく「内熱」なんです。それで熱を逃がすために毛穴が開くのです。

施術後、整うと素肌がサラッとなります。

内熱している割に冷え症と言う方はとても多く体表迄熱が巡ってない事が問題の様です。

脈診では明らかに肝虚という状態です。陰虚という状態で内熱してる状態でした。今後ともどうぞ宜しくお願いします!