土田先生、坂道も難無く歩ける様になりました!今回腰の痛みで歩行困難になった事を少々長文になりますが振り返ります。二年前、脊柱管狭窄症の手術を行いました。その後、能力の回復とリハビリのために足の痺れや痛みをこらえて歩いておりました。しかし、歩き過ぎたためか腰の重苦しさに耐え切れずにマッサージに通った所症状が却って悪化してしまいました。その状態で土田先生の脈診と刺絡を受け最初は「どうかなぁー」と思っていましたが数日で快方へ向かった事は驚きでした。約2か月で歩ける事に喜びを感じています。ありがとうございました。

土田はり灸院コメント

いつもご多忙なK様。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症や脊椎分離すべり症を手術で良くなる事は病院の先生が画像を見て異常がない様ならば

病院ではそれ以上の対応をしてくれません。術できちんと痛みが全て取れる方も居りますが希です。確かに手術は成功すれば激しい痺れや痛みから解放されます。しかし、その後、慢性的な重苦しい痛みが起こる方が殆どです。病院側の説明だと、手術は上手く行って居る、その後の痛みは所謂、腰痛症なので痛みと上手く付き合って下さいと言われる事が殆どではないでしょうか?その様な時には鍼灸が良いでしょう。s様は家が隣と言う事も有り、毎週仕事が終わるとお邪魔して施術いたしました。

最初の内は週3回2週間くらいして週2回、その後週1回施術しまして、腹筋、背筋ストレッチもお伝えしました通りにご自分で実行されぶり返す事無く回復されたのは見事です。

脈診、腹診ではやはり腎が弱って居り腰骨に来ていたという事でした。腎は骨、腰の主りです。

そして修復を繰り返したり手術によりダメージを受けた箇所への新陳代謝、回復能力を高める、

痛みを取り、足腰を軽くする意味から刺絡を行いましたが沢山の於血が出てきました。

悪い血は出した方が早く緩解するという考えが東洋医学にはあります。

そして長めの鍼を腰部~坐骨神経痛を起こして痛む臀部~ハムストリングスへ。鍼を刺したままストレッチを行う運動鍼が有効です。この様な時に、灸頭鍼と言って鍼に直接もぐさをボールにして燃やす様な施術も行います。熱がよく深部まで浸透し、大変心地良く、痛みがじんわりと和らぎます。

ここで気を付けたいのがよく「お風呂はどうでしょう?」などと聞かれる事があるのですが、お風呂は体全面を温める事で悪くはないのですが、腰痛のみを緩解するには

不適当と言えます。その箇所の痛みを取る目的での温罨法は点で考えたりポイントのみで考え余計な部分は温めずに、点やポイントのみを温める様に気を付ける事です。

最初の方はテーピングで固定して居りましたが、徐々にテーピング無しでも問題がなくなって来ました。現在はぶり返す事が無い様で元気に歩いて居る姿を見かけますとホッとします。またぶり返すような事ありましたら遠慮なくおっしゃってください。直ぐに駆けつけますので今後ともどうぞ宜しくお願いします!