土田鍼灸院の診療時間
電話予約のバナー
web予約のバナー
kakuzyouzyou - 耳鳴り・難聴
midashi 13 5 - 耳鳴り・難聴

hutaba 1 e1545389127580 - 耳鳴り・難聴耳鳴り・難聴

miminari 1 - 耳鳴り・難聴

耳鳴りや難聴は同時に引き起る事も多く、ストレスや過労、自律神経失調症や不眠、更年期障害、ホルモンバランスの異常などが主な原因です。

また、現在ストレスなどが無くても3か月前、半年前などに心身に無理をした場合、後になって出て来る事もあります。

例えば急性感音性難聴はストレスや過労などが原因である特定の周波数帯域だけの音が聞き取れなくなる病気です。

綺麗に切り取った様にその音域のみが聞こえなくなります。そのため、通常音楽を聞く場合、綺麗に聞き取る場合メロディーが綺麗に聞き取れるのに対してその特定の音域のみが全く聞こえないのでポツポツと途切れ途切れに聞こえる様になります。

 

 

例えばゴミ収集車のオルゴールの音楽などが遠くで聞こえる時に異常を感じる方も居ります。また、耳鳴りはザーザーという音やキーンという金属音、プチプチなどと言う雑音によって聞き取りにくくなり、鍼灸を継続する事でこれらの音が少しずつ抑えられたり、急性感音性難聴の場合逆に聞こえなかった音域が聞こえる様になって行きます。

 

耳鳴りや難聴は東洋医学的には腎経の変動が最も多く、肝経、脾経も関わって来る事が多いです。そして三焦経、小腸経が深く関わって居ります。

 

 

耳鳴りや難聴には末梢神経の巡りを良くするメコバラミンなどのビタミンB12の服用も有効です。鍼灸と合わせて行う事をお勧めします。また、病院へ行って診断が下ったら放って置かずに出来るだけ早くに直ぐに鍼灸に取り組んだ方が良いと思います。放って置いて慢性化すると手遅れになり回復に時間が掛かります。

 

 

また、当施設の患者様の中には生まれつき軽い耳鳴りや難聴があり、ストレス時に悪化し、相手の会話を聞き取る事が出来ずに悩んで来院したという方が居りました。しかし、当施設で鍼灸を週1回3か月試した結果、「何時しか相手との会話が普通に出来る様になっていた。

 

 

以前はもっと長引いたけれどもっと早く試せばよかった鍼灸のお陰です」という方が居ります。長引く前に早めにご相談ください。