土田鍼灸院の診療時間
電話予約のバナー
web予約のバナー
kakuzyouzyou - 生理前不安症
midashi 13 5 - 生理前不安症

hutaba 1 e1545389127580 - 生理前不安症生理前不安感

0 1 300x300 - 生理前不安症生理前の不安感は月経前症候群(PMS)と呼ばれます。また更に重症なものを月経前不快気分障害(PMDD)と呼ばれます。

 

排卵期で高かった卵胞ホルモン(エストロゲン)が下降し始め逆に黄体ホルモンであるプロゲステロンが上昇し始めます。この時期を黄体期と呼びますが大体、生理の10日~1週間前位に当たります。

 

この時期がトラブルの起こる時期です。体温も上昇します。心の面でも不安定になりやすいものです。中にはこの時期にあまり不快な症状が起きない人も居ます。

 

 

 

 

 

基本的に月経後は気持ちもすっきりする方が多いみたいですが個人差やその時々の体調なども関係します。

女性は男性と比べホルモンバランスが不安定ですのでアレルギーのある方や敏感な方は特に黄体期には

くしゃみや鼻水が止まらなくなったり蕁麻疹が出来たり喘息発作が出たり下痢をしたりする方も多く見受けられます。当施設の鍼灸によって体質を変える事が早急に必要です。

 

 

東洋医学的には肝や胆、腎、膀胱が不安定化するためです。

身体の冷えや甘いものの摂り過ぎにも注意しましょう。

当施設の鍼灸は痛く無い気の流れを整える体質根本から流れを変えて行く貴重な鍼です。婦人科系が弱い方は下腹部が冷たくいつもお腹が硬い方が多いのですが当施設では刺さない手首や足首の婦人科系の経絡を整えて行く事により僅か1穴でお腹が温まって来るのと硬かったお腹が緩んで来るのがわかります。この様な症状でお悩みの方も是非お試しください。

 

経絡に気を通す事で好転的に作用している事がわかります。そして継続して行く事によってお腹の冷えも無くなって行きます。そして症状の起こりにくく起きても軽い状態になって行く事が出来ます。